ビックギフトが批判される理由

ビックギフトは実際に利用してみて本当の優良店と言うことは実証することができました。

しかし、インターネット上では批判されている記事で汚染されています。

これからクレジットカード現金化の利用を考えている人、今使っている業者から乗り換えを考えている方が、少しでも安全で高換金率の業者を利用してもらいたいと思いこのサイトを立ち上げました。

ビックギフトはなぜこんなにも批判されるのでしょうか?何かしらの理由がない限りここまでウソの情報を流されないと思います。

今回は『ビックギフトが批判される理由』について検証したいと思います。

ビックギフトの高い換金率に原因がある

まず初めに考えられる原因がビックギフトの換金率にあると考えられます。

ビックギフトの換金率はホームページ記載通り80%~82%で、別途手数料はかかりません。

しかし、他社の場合ホームページには最大98.8%のように記載していますが、実際には決済手数料・消費税と言う名目で手数料が引かれ、最終的に65%~70%代の換金率になるパターンがほとんどです。

ビックギフトの換金率と他社の換金率を比較してみると一目瞭然です。

ではここで質問です。

皆さんは80%のビックギフトと65%の他業者どちらを利用したいと思いますか?

もちろんビックギフトですよね。

しかし、他業者からしたら面白くありません。

換金率では勝てないから、違う方法で勝とうと考えた手段が、悪評を書いて評価を落とす方法だったのです。

悪評の記事が上位表示されればその記事を鵜呑みにする人が沢山います。

そうすれば自然と利用者はビックギフトを避け、違う業者に流れます。

逆を言えば、ビックギフトは他社がわざわざ時間をかけて評価を落とすほど優良店って訳です。

インターネットの情報、特にクレジットカード現金化についての口コミや比較サイトは本当に当てにならない情報で汚染されていますので、申込みする際は必ず電話して『換金率』『手数料』『安全性』を確認した上で申込みしましょう。

ビックギフトの安全な取引方法に原因がある

もう一つの原因がビックギフトが安全な取引をおこなっているからだと私は思います。安全な取引すると悪評を書かれるの?って思う方もいると思いますが、理由があります。

まず、他社の取引方法について説明いたします。

・ホームページに記載している還元率で現金化できない

・手数料がかかる『決済手数料』『消費税』『送料』『振込手数料』

・電話で還元率の問合せしても身分証明書とクレジットカード情報を送らないと教えてもらえない

・カード情報(カード番号・セキュリティコード)を業者に渡さなくてはいけない

・指定商品の購入は業者側で利用者のカード情報を入力して決済作業を行う

*恐らく架空決済をし、利用者の自宅にパワーストーンが送られる

ビックギフトの取引方法

・ホームページ記載の換金率で現金化できる

・手数料なし

・電話で換金率、振込金額を教えてもらえる

・カード情報を全部渡さなくてよい(カード番号の一部・セキュリティコード)は隠す

・指定商品は利用者側で購入
*アマゾンギフト券Eメールタイプはクレジットカードでしか買えない商品なので安全

皆さんいかがですか!?

この違い(笑)

ここまで安全(誠実)に営業しているビックギフトに勝てるはずがありませんね。

なので、『ビックギフトは危険な取引をしている』や『ビックギフトは悪徳』のようなウソの記事を量産するしか方法がないのです。